金属アレルギーとは

金属アレルギーについて


金属アレルギーについて


アレルギーは様々な物質に対して、体が異常反応を示すものです。湿疹や
かゆみなど悩みの元となります。

アレルギーを抑えるための治療法もありますが、基本的には原因となる物質
を避けると言う消極的な対応が一般的です。

アレルギーの中でも金属アレルギーは少しメカニズムが異なります。
アレルギーの原因となる物質はタンパク質なのですが、金属はタンパク質で
はありません。

溶けだした少量の金属がタンパク質と結合することによって、アレルギーの
原因となる新たなたんぱく質を作り出しているのです。

よく見られる金属アレルギーは金属と体が接触しているところで起きます。
例えば、指輪やネックレスなどをしている場合に、指の周りや首の周りが
皮膚炎を起こします。

また、金属イオンが血管内を通って、体全体で皮膚炎を起こすこともあります。
これは稀な症状と考えられます。

金属の種類によってアレルギーの起こりやすさは異なります。
特にニッケルやコバルト、クロムが金属アレルギーを起こしやすいといわれ
ています。

金や銀、白金はアレルギーをおこしにくい金属です。まれに金でもアレルギー
を起こす方はいるようです。

歯科のインプラントで使用されているチタンやタンタルなどもアレルギーを起
こしにくい金属です。

アクセサリーを着けるならば、金や銀のものにすればアレルギーになりにくいと
いえます。


ゴールドピアス


金属アレルギー 食物

食べものから金属アレルギーが起きることがあります。


食べものから金属アレルギーが起きることがあります。

金属アレルギーは接触アレルギーだけではありません。

食べ物でも金属アレルギーを起こすことがあります。
食物にも金属が含有されています。

豆類、ナッツ類 チョコレート、ココア、はニッケルが
含まれています。

チョコレートとココアにはクロムも含まれています。
その他海藻類。

これらの食品をとりすぎると、もとから体の中にある
金属イオンのバランスが崩れて金属アレルギーを起こします。

健康な方はこれらの食品を制限する必要はありませんが

金属アレルギーと診断された方は、毎日このような食品を多く
とることは避けたいです。



ナッツ類にはニッケルが含まれています。


スポンサードリンク